インタビュー「ケアの現場から」第7回


今回はNPOグレースケアにて勤務されている齋藤明美さんのインタビュー。


「オムツ交換をして臭いと思ったら辞めようと思ったんですよ」

子どもがたまたま小学校の時に、今で言う特別支援学級のような障害児童のいるクラスがあって、そこで、ボランティアをさせていただいたんです。

自宅で留守番ができないお子さんもいらっしゃるので、その子たちを保護者会の間だけ見て欲しいと言われまして。

それで、「私でよかったらやりたい」というところからケアに関わり出しましたね――(つづく)


▼「ケアの現場から」第7回はこちらから▼

0 件のコメント: