話すことができない夫の気持ち


◆投稿


枕カバーを取り替えながら「はい、これで気持ち良く寝れるよ」というと、いつもは何の反応もない夫が急に泣き出しました。


私がそうすることが「嬉しかったのだ」と、話すことができない夫の気持ちが、私にも伝わって、疲れた心が温まり、自然と涙がこぼれました。(匿名)


→普段は、意思疎通の取りにくいご主人のお世話をされておられるのですね。思ったとおりの反応が帰って来ないと、寂しさがつのりますね。その他、いろんな思いがよぎることと思います。どなかた心情を吐露できる方はお近くにいらっしゃいますか。家族会などに顔を出してみるのもよいかもしれませんよ。(編)




◆投稿


この春から初めてケアマネを始めました。数年間福祉からも離れていたため、ほぼ素人同然となってしまいました。


職場で質問をしても、そんなことも知らないのかと白い目で見られ、法令集を読め、と言われますが、職場にそれらの資料はありません。


休日に、自宅で膨大な資料を印刷しては、必死で勉強していますが、やはりケアマネになどなろうとしなければよかった、と思う毎日、心が折れそうです。

→お疲れさまです。多分、その先輩達も、誰も教えてくれる人がいない中で、手探りやって来て、自らの苦労を新人にも背負わせたい、という子供っぽい心理状態なのでしょうね。ある程度、付き合ってみて、ダメかなと思ったら、さっさと見限る方がいいですよ。あなたに非があるわけじゃありません。(編)

0 件のコメント: