生活援助や院内介助、散歩介助など、制度的には問題なく利用できるケースだと思っても、保険者に「NO!」と言われると使えなくなることがあります。保険者の胸三寸で決まることに腹立たしくなります


「訪問介護一つとっても、同居家族がいる場合の生活援助や院内介助、散歩介助など、制度的には問題なく利用できるケースだと思っても、保険者に「NO!」と言われると使えなくなることがあります。保険者の胸三寸で決まることに腹立たしくなります」


今月の月刊ケアマネジャー連載中のモヤモヤ相談室は上記のご相談でした。


グレーゾーンでも本当は利用できるゾーンと利用できないゾーンがあります。
そして、利用できるゾーンをきちんと利用できるようにしていくことはケアマネジャーの力量の一つであり、利用者の権利擁護の側面もあると思っています。

そんなお

よろしければご購読ください。


<表紙>→購読はこちらから

0 件のコメント: