投稿「業界を健全に」

はじめまして。本間先生の『介護の現場がこじれる理由』を拝読し強く惹かれました。特に「介護業界を目指した理由」が本間先生と一緒で、「この先生にならきっとついて行ける!」という思いを抱いた次第です。介護業界を健全なものにしていくには、もはや現場での取り組みだけでは限界。全国の介護士が力を合わせてマクロに切り込んでいく必要があると考えます。約10年のサラリーマン生活、会社破綻の後の2年間の専門学校、約6年の介護現場経験を経て、今年度ケアマネ試験に合格しました。まずは研修を頑張ってケアマネデビューを果たし、目標に向かって頑張って行きたいと考えております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。(匿名・介護職)


原発村、医療村ほどではありませんが、介護福祉界も「介護村」「ケアマネ村」もどきのようなものが存在します。やはり産官学とメディアなどがつながって構成しています。ゆえに小さな数が声を挙げた程度ではびくともしません。私もその大きな壁の前で立ちつくしています。どうすれば蟻の一穴から堤防を切り崩せるのかと。そして、その一穴はたった一人の、目の前の、老人介護のあり方に掛かっているという確信があります。そんな思いで書いたのが「こじれる理由」でした。まだまだ道半ばです。一緒にがんばっていきましょう。あと「先生」でなく「本間さん」でお願いします。

0 件のコメント: