地域の実情にあったケアプラン点検、ケアプランチェックの実施方法や導入

ケアプラン点検、ケアプランチェックの主な実施パターン
  • 介護支援専門員有資格者による行政職員が行うもの
  • 行政が外部から指導者を招き行うもの
  • 地域の主任介護支援専門員等を活用して行うもの
ありがちなケアプラン点検支援、ケアプランチェックの問題点
  • 書類チェックのような形式主義
  • 実務経験が少ない(または偏っている)行政職員による偏った指導
  • 現役ケアマネ、主任ケアマネなどによる誤ったコンプライアンス理解による指導
  • 少なすぎる実施件数
  • 少ない予算
  • 見えにくい実施効果
上記の問題の主な背景
  • 介護保険制度そのものの問題
  • ケアプラン点検、ケアプランチェックそのものへの理解の欠如
  • 運用する行政機関の問題
  • 実務者である介護支援専門員(事業者)の問題
対応策
地域の実情にあったケアプラン点検、ケアプランチェックの実施方法や導入までの具体策を検討する必要があります。ご相談はこちらから