介護保険

◆私たちは40 歳になると「介護保険法」で定められた介護保険制度の下、被保険者として介護保険に加入します。そして、65 歳以上で、市区町村が実施する要介護認定や要支援認定において介護や支援が必要と認定された場合には、介護保険サービスを受けることができます(40 歳から64 歳であっても、特定疾病により介護が必要と認定されれば介護保険サービスを受けられます)。


◆仕事と介護を両立させるために、要介護者(要支援者)への介護保険サービスを上手に利用していくことが重要です。

介護保険で利用できるサービスの例

○介護保険サービスの利用にかかる相談、ケアプランの作成
○自宅で受けられる食事の介助や家事援助などのサービス(訪問介護)
○施設に通い日帰りで食事等の介護等を受けられるサービス(通所介護(デイサービス))
○施設などで生活(宿泊)しながら、長期間または短期間受けられるサービス(特別養
護老人ホーム、短期入所生活介護(ショートステイ)等)
○訪問・通い・宿泊を組み合わせて受けられるサービス(小規模多機能型居宅介護)
○福祉用具の利用にかかるサービス(福祉用具貸与、特定福祉用具販売)