11-2月【名古屋・東京・大阪・福岡】支援経過記録で学ぶ居宅ケアマネ実務の諸手続きとテクニック

実際のケースを1年以上追いかけながらなすべき実務と手続きを学ぶ!
実務研修などでは、理論研修が多く即戦力の養成が難しいとされています。本セミナーでは、実際のケースを1年以上追いかけながら、なすべき実務と手続きを解説します。新人ケアマネやその指導者、長く実践を離れている方など、「自信を持って指導をしたい」「教えてもらえる環境がない」方はぜひご参加ください。


※特別掲載:セミナーレポートはこちら

プログラム

1.ある実践事例の支援経過の流れ
2.最低限、行わなければならない業務手続きの確認
 

1)インテークと持ち件数
 2)集中減算と2割負担
 3)暫定ケアプランとケアマネジメント・プロセス
 4)ケアマネジメント・プロセスと運営基準減算 ほか
3.最低限、把握しておかなければならない制度上のルール 1)契約書、重要事項説明書などの契約
 2)居宅サービス計画作成依頼届出
 3)アセスメント
 4)算定ルールの把握
 5)通院支援
 6)医療サービスの調整
 7)医療機関との連携
 8)要介護認定調査についてほか
4.最低限、把握しておかなければならない
他機関・他制度の概要
 1)総合事業により複雑化したケアマネジメント
 2)介護予防支援
 3)成年後見制度と権利擁護事業
 4)みなし2号と生活保護
 5)障害者総合支援法 ほか
5.最低限、理解しておかなければならない
給付管理の流れと対応
 1)パソコンソフトと給付管理
 2)国保連への帳票提出 など
6.それでも困った時の対処法

詳細
【 開始~終了時刻 】 : 10:00~17:00
【 参加費 】 :一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)

【 問い合わせ先/申込先 】 :
☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時~18時まで)
★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。nagoya@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (052)569-5628におかけください。(平日9時15分~17時30 分まで) 

◆名古屋:2015年11月14日(土)
◆東京:2015年12月12日(土)



◆福岡:2016年1月31日(日)

大阪:2016年2月20日(土)