福島南相馬2015.10「おはぎ作り」



こんにちは、レイです。

ケアフェスでは大変お世話になりました。
東京は、とても活気が有り私は元気を頂いて来ました。

お約束していました゛ずんだ゛※1作りを、また行いましたので写真をお送ります。

私は(デイサービスの)生活相談員なのに、職員不足の時は昼食作りも行います。
メニューは3種類のおはぎ(ずんだ、あんこ、きな粉)他です。

私は料理が苦手なので、料理レクにし、利用者様にお手伝いして頂きました。
勿論!盛り付け、お茶椀拭き等も行って頂いました。

おはぎ(=ぼたもち)を、ひとくち、口にすると、私「ん!甘い!甘過ぎる!」

利用者Aさん「塩を少し入れると甘さが増すのよ」。
「甘過ぎる!」と私。
「後、砂糖少々」とAさん

利用者Bさん「あれでは美味しくなかった」。
私「あっ!半殺し※2にしなかった」。
Aさんは「大丈夫!」。

等、作る時も、食べる時も大騒ぎでした。
以上です。

1ずんだ=ずんだ餅は、すりつぶした枝豆を餡に用いる餅菓子で、南東北を中心にした地域の郷土菓子。

2半殺し=おはぎの粒が残ってる状態の餅のことだと思います(本間注)