3/19【東京】教科書が教えてくれない居宅ケアマネ実践講座


◆開催日程

東京地区:2016年3月19日(土)10:30~15:30
会 場:日総研 研修室

お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

◆受講料

一般:15,000円 会員:12,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数16人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

◆ねらい

 「退院時カンファって、どうすれば、もっと有効な話し合いができるんだろう?」「医療機関への照会って、どうすれば、回答してもらえるんだろう?」「生活援助の必要性の根拠ってどう考えればいいのだろう?」「どうすれば苦手な家のモニタリング訪問が面白くなるんだろう?」「サービス担当者会議って、どうすれば緊張せずに有意義な会議が開催できるんだろう?」などなど、居宅ケアマネ業務における公的な研修や教科書では教えてくれない業務の秘訣と考え方などを実践事例を示しながらお話します。

実践事例を示しながら指導

◆プログラム

1.「運営基準減算」と2種類の「軽微な変更」
 1)法的整備とポイント解説

2.現場に強くなるアセスメントの視点
 1)ケアプラン根拠の作り方
 2)事例別の解説
 3)給付判断のポイント

3.認知症のアセスメント
 1)「自立支援」の大誤解
 2)医療との関係
 3)事例別の解説
 4)御用聞きケアマネの長所

4.医療等、他職種連携の秘けつ
 1)連携困難の分析
 2)事例別解説と対応ポイント

5.サービス担当者会議の質を向上する方法
 1)議題の調整方法
 2)緊張しない方法
 3)参加してもらう秘けつ
 4)意義ある内容のポイント

6.モニタリングが面白く、質も向上する方法
 1)誤解され続けるモニタリング
 2)ワンランク上のモニタリング

7.燃え尽き防止とリスクマネジメント
 1)情報を切り取り使う
 2)現場の「見える」化
 3)記録の使い方
 4)行政機関の調整ポイント

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせはお客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時~18時まで) 

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせはメールにて受け付けています。nagoya@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (052)569-5628におかけください。(平日9時15分~17時30 分まで)  

※ご返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、着信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら