福島南相馬2015.09「南相馬を去ったKさん」


 福島県南相馬市のデイサービスで働くレイさんが先日のケアフェスに来てくださいました。

その時に、メールの下書きの紙切れをもらいました。以下、本間が書き起こしたものです。
桜の花の咲く頃、認知症の彼女(Kさん)は、ご利用開始になりました。

「『ブルーシート*に包んで墓地に捨ててやる』って息子に言われました!!」と何度も繰り返し言っていました。

*南相馬等ではブルーシートに除染した土が集積されていたります。(本間注)

そんな彼女が7月に入ると元気がなくなり、私は

「ここ(デイサービス)は良い所だ!」「心が落ち着く」と何度も言っていたのに、どうしたんだろうと心配していました。

しばらくすると、元気に来所した彼女を見て、私は良かったと思い、ほっとしていたら、

「私、長男の(住んでいるヨソの)所に行くの! (南相馬にある)お墓も(ヨソへ)持って行くって言っていた」

「えっ…?!」
長男は南国に避難したけど暑いって言って、今度は九州A県に引っ越した、と何度も言っていたことを思い出しました。
Kさんが南相馬を離れる)その日はすぐにやってきました。

私は「皆に『今日で(このデイサービス利用は)終わりです』と言ってもいいですか?」と問うと「イヤ!言わないで!」と返答。

以前)「A県に行ったら、もうこには来れないヨ」と言っていたのに、(その日は)「今度はいつ来る日?」と繰り返していました。ボケたふりをしたのでしょうか?
私は送迎車に乗り込む前に彼女を抱きしめました。でも、すぐ私の手をふりはらい、中に入っていきました。

Kさんは)送迎車の中でも「今度はいつ来る日?」を何度も何度も聞いて(私を)困らせました。
私は夕方のミーティング時に来月から新規のご利用者が3名いらっしゃいます…
相談員の私はマルチに今、働いています。

涙を流す暇がなかったです。

でも、ブルーシートを見ると思いだします。

A県では、(Kさんの話す)南相馬の言葉(なまり言葉)が通じているのでしょうか?


おわり