10/13【三重】居宅ケアマネジメント・プロセスの軽微変更と減算ルールの整理と対策

三重県介護支援専門員協会津支部主催研修
遠くは長野まで、なんだか、すごく大勢の方にお越しいただきありがとうございました。
H22に「ケアプランの軽微な変更」の例示が出され、H24年度の改正でも同様の文言が運営基準の解釈に出されました。

しかし、内容が抽象的すぎて理解が不十分な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
特に本改正で通所介護の利用時間が事業者の都合で一方的に変更されることがあったかと思いますが、ケアプランを「変更」として扱うべきか「軽微な変更」として扱うべきか迷われた方もいらっしゃったのではないかと思います。

 そこで本研修では、あらためてケアマネジメント・プロセスの減算に関するルールと軽微な変更に関するルールなどを整理、確認してゆきます。そして、通所介護の時間変更への対応についてもどうあるべきなのか、支援経過記録には少なくともどのような記録が必要であるのかを考えたいと思います。

【主な内容】



・基準省令と減算ルールの整理、確認
・制度改正と軽微変更ルールの確認、説明
・ケアプランの法的意義と役割
・実際の現場での軽微な変更の判断方法
 ※一部、過去の研修と内容が重なります。

【日時など】
◆2012年10月13日(土)  
13:30~16:30(受付13:00~)

終了

【主催】
三重県介護支援専門員協会津支部

0 件のコメント: