投稿「末期のうなぎ」


末期癌の利用者様が、声が出なくなり、食事も取れなくなった。

言葉を何とか言おうとして、聞き取れたのが、最後にうなぎを食べたい。」とおっしゃる。


ただ、うなぎは細かい骨があって、ミキサーにかけても細かい骨が残り喉に詰まらせる可能性があり、出来ない。


でも、なんとかして食べさせたい。


残り時間もないことを感じて、うなぎは無理だなと思っていた。


...スーパーに立ち寄り、うなぎのタレが目に入った。

うなぎのタレをお粥と混ぜたらいけるかも知れないとひらめいた。


早速、次の日に、うなぎのタレとお粥を混ぜたものを口に入れた。


利用者様が、声をしぼりながら「おいしい。」と一言。


ご家族と一緒に喜んだ。


それが、最後の一口になって、10日後に亡くなられた。


うなぎを食べられたことが、よかった。とご家族がおっしゃってくれた。


本当に嬉しかった。

小谷